芸能ニュース舞台裏

ボーカル鬼龍院に続き今度は歌広場に“文春砲” 金爆「存続か解散か」に現実味

zakzak
歌広場淳
歌広場淳

またしてもだ。ゴールデンボンバーのエアベース担当、歌広場淳(36)に〝文春砲〟が炸裂(さくれつ)した。

「ボーカルの鬼龍院翔の二股交際報道が9月。鬼龍院はメンバーに謝罪しましたが、昨年1月から不倫していた歌広場はどういう思いで謝罪を聞いたのでしょうか」とスポーツ紙音楽担当記者はあきれるばかり。バンド解散にも言及する。

「レコード会社のプロモーターも頭を抱えていました。前回は鬼龍院が全身を使った動画を謝罪につなげ沈静化しましたが、今回は〝不倫〟〝妊娠〟〝中絶〟というワードが盛り込まれた記事ですから事態は深刻。本人は活動休止を発表しましたが、周囲はバンドの存続危機を感じ取っているようです」

レコーディングは鬼龍院だけで済ませ、他のエア楽器担当の3人が活躍できるのはライブパフォーマンスだけ。

「ライブ活動での物販で生まれる利益がハンパないのが彼ら。ライブで食っているバンドです。鬼龍院は以前からバンドは4人組が基本と愛着を持っている。メンバー脱退はない。よって存続か解散かが現実を帯びてくるでしょうね」(前出・スポーツ紙音楽担当記者)(業界ウォッチャーX)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは