急成長する餃子無人販売 大ブレークの秘密

産経ニュース
24時間営業の無人店舗で冷凍餃子を販売する「祇園餃子」=京都市下京区
24時間営業の無人店舗で冷凍餃子を販売する「祇園餃子」=京都市下京区

「餃子激戦区」として知られる京都で、冷凍餃子を販売する24時間営業の無人店舗「祇園餃子」が登場し、わずか3カ月で6店舗に拡大した。現金を箱に入れ、冷凍庫から取り出して持ち帰るだけという手軽さや、子供にも食べやすい味付けが人気の理由だ。新型コロナウイルス禍で、人との接触を避けられる販売方法としてもメリットがあることから、無人店舗での餃子販売は各地でも増加。業界は熱気にあふれている。

店内には冷凍庫のみ

四条烏丸などの市中心部から南に約3キロ離れた京都市下京区西七条掛越町。住宅街近くの一角に、ガラス張りのこぢんまりとした店舗がある。「冷凍生餃子」「24時間無人販売所」-。オープンしたての店頭に書かれたひときわ大きな文字に、足を止める通行人の姿が絶えない。

冷凍庫と料金箱が置かれた店内。お釣りは出ないので注意=京都市下京区
冷凍庫と料金箱が置かれた店内。お釣りは出ないので注意=京都市下京区

「無人販売」の名の通り、店内にあるのは餃子を保管している冷凍庫だけ。36個入りの1パック(千円)から購入できるが、支払いは店内に設置された料金箱に現金を入れる方法のみで、電子決済はない。当然ながら釣りも出ないため、支払いには注意が必要だ。

4人家族のために1パックを買った京都市中京区の会社員男性(26)は「キャッシュレス決済があればもっと良い」と笑いつつ、「手軽に買えてストックもしやすい。今日の晩ご飯はこれ」と声をはずませた。3人家族という同市下京区の看護師の女性(53)も「値段の割に個数が多い上に、意外と大きい」と満足げだった。

3カ月で6店舗に

経営するのは、クリーニング店やコインランドリーを展開する福田晃正さん(59)だ。コインランドリーのように無人で24時間営業できる営業形態に「こんなに面白いものはない」と魅力を感じ、新たな分野への進出を模索。自身が無類の餃子好きだったこともあり、たどり着いたのが冷凍餃子の販売だった。

ファミリー層が多い地域を中心に出店。小さな子供が食べやすいよう、ニンニクの量は控えめにしつつ、あんの大きさともっちりした皮にこだわっているという。店内では、パンチの効いた味付けにしたい人向けにラー油が多めの特製だれ(200円)も販売。手軽に購入できる利便性からも人気を集め、8月の事業開始から11月までのわずか3カ月で計6店舗を相次いで出店した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人