谷原秀人「おじさん、頑張る」と自らを鼓舞 軽度のぎっくり腰を乗り越え5年ぶりV/国内男子

サンスポ
通算6アンダーで優勝し、トロフィーを手にする谷原秀人=太平洋クラブ御殿場
通算6アンダーで優勝し、トロフィーを手にする谷原秀人=太平洋クラブ御殿場

三井住友VISA太平洋マスターズ最終日(14日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)首位から出た谷原秀人(42)=国際スポーツ振興協会=が4バーディー、4ボギーの70で回り、通算6アンダーで逃げ切った。2016年11月の「平和PGM選手権」以来5年ぶりのツアー優勝で、通算15勝目。


ベテランが勝負強さを見せつけた。1打リードで迎えた最終18番(パー5)。6メートルのバーディーパットをねじ込んだ谷原が拳を突き上げた。2位の金谷はピン横1・5メートルにつけていた。外せばプレーオフという状況で、上って下るスライスラインを「30~40センチは切れる」と読み切った。

「あそこで入れないとプレーオフで負けると分かっていた。絶対に入れようと思った。しびれましたね」

2016年11月の「平和PGM選手権」以来5年ぶりのツアー優勝。仲間からウォーターシャワーの祝福を受け、笑顔で身をよじらせた。

17番でティーショットを放つ谷原秀人

2位に2打差の首位から出た最終日。2打目を池に入れた14番(パー4)で4つ目のボギーをたたき、同じ広島県出身で東北福祉大の後輩、金谷に並ばれた。42歳の体は軽度のぎっくり腰で、痛み止めを服用。「おじさん、頑張る」と自らを鼓舞しながら、15番(パー4)で1つ伸ばして再びリードを奪った。

3年弱の欧州ツアー挑戦を経て、19年に国内復帰。昨年10月の「日本オープン」、12月の「日本シリーズJTカップ」で2位に入ったものの、今年は調子が上がらず、3戦前から欧州ツアーのグリーンに「合わない」としまい込んでいたエースパターを〝復帰〟させた。

すると2週前が5位、前週は7位、そしてついに優勝だ。「パットの感覚がずっといい」。12年から3年連続平均パット数1位となった名手に自信が戻る。

「谷原がやれるならと(ほかの)40代も頑張ってくれれば、ツアーも活気づく」

試合から帰ると順位を尋ねてくる10歳の息子は、上位続きに機嫌がいいという。「今回は相当喜んでくれる」。まだまだ、若いもんには負けられない。(一色伸裕)

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」