ユニクロ「+J」第2章の終幕を飾る21年秋冬にネット民注目「MA-1、想像より良い」「秋冬やばい」「親子で6万近く使う羽目に」

iza
ハイブリッドダウンオーバーサイズMA-1ブルゾン
ハイブリッドダウンオーバーサイズMA-1ブルゾン

ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店を運営するユニクロから、世界的ファッションデザイナー、ジル・サンダー氏とコラボした人気コレクション「+J(プラスジェイ)」の2021年秋冬コレクションが登場した。今回もメンズの「MA-1」ブルゾンなどがユーザーから高い関心を集めている。

ユニクロとサンダー氏のコラボが始まった2009年から11年までの第1章に続き、20年11月からスタートしたコラボの第2章は、21年秋冬コレクションを持って終了する。その終幕を飾る今作品は、洗練されたテーラリング技術と上質な素材を組み合わせることで、+Jならではの控えめで静かな個性をさらに発展させているという。

最新の機能性を備えたモダンテイストにあふれたアイテムに仕上げており、ブラック、ネイビー、ダークグレー、カーキ、キャラメルなどの落ち着いたカラーに加え、明るいホワイトやレッドのカラーバリエーションが、生き生きとしたエネルギーを表現しているという。

商品ラインアップはウィメンズ42アイテムとメンズ32アイテムで、フルラインアップは234店舗とユニクロオンラインストアで販売。秋冬コレクションの第1弾は12日に販売開始され、女性用のピーコートなど6つのアイテムを対象とした第2弾は12月上旬から売り出される。

ユーザーの注目を集めているアイテムの一つが、流行りのオーバーサイズシルエットにアレンジしたメンズの「MA-1ブルゾン」(税込み1万2900円)だ。こちらはブラック、グレーの2色展開で、ネットには「+JのMA-1ええなぁ」「全部は見れんかったけど、MA-1とか普通に欲しくなったし結構ええ感じやね」「MA-1のグレーが想像よりすごく良かったから買っちゃった」「オンラインでは完売になってたMA-1のグレーを無事ゲット。前回ほどではないけど、やはり速攻で無くなりますね」「ma-1、グレーがモノとしてはカッコ良かったけど結局は黒の方が似合うという」などと、すでに購入した人を含めてさまざまな書き込みが寄せられている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」