自分の「居場所」を取り戻せ! 50代からの俺活入門

昔の女友達と飲んで「オスらしさ」回復 「若気の至り」と「本来の俺」に出会わせてくれるタイムマシン

zakzak

■若気の至りの「爆笑タイム」で生まれ変わる

「昔の女友達と一杯飲みに行くと、いいコトがある!」

連載タイトルを変えた今回は、まず第一声として、このことを声高らかに叫びたい。「いいコト」とはいったい何か? それは「失った自分らしさを取り戻せる」ということだ。

まずは、青春時代の楽しかった思い出話に花を咲かせ、一直線に盛り上がってみよう。心が晴れ渡り、腹の底から笑う感覚を取り戻せる。そして、普段の笑いの底がいかに浅く、上滑りであるかにも気づける。

『あの頃はこんなに腹の底から笑っていたんだ』『あんな常識外れな楽しい悪ふざけをしていたんだ』。そのことを思い出して笑い合ううちに、身も心も生まれ変わった気分になるはずだ。

■本当の「俺」を女友達が掘り起こしてくれる

昔の女友達と若かりし頃のバカ話に花を咲かせる効果はそれだけではない。忘れかけていた自分の中の「俺」を掘り出し、本来の自分のテンションを取り戻せるのだ。

しかも、それが「女性目線」であるということに意味がある。女性目線だからこそ「オス」を発掘するヒントがもらえるのである。私も先日、30年来の女友達と久しぶりに一杯飲みながらバカ話をして実感した。

「旅行の時に雑魚寝して、みんなが眠りに落ちる瞬間に、私に無理やり変なモノマネをさせたよね」

「えっ、そんなことしてたっけ?」

「みんなで遊び行くたびにそうだったよ」

「思い出した! バカだったね~、楽しかったね~」

爆笑の渦に身を委ね、私も胸がスッとした。彼女の中でこのネタが30年間ずっと生きていたことも、うれしかった。「昔の俺、今よりセンスいいな」。正直にそう思えた。本当の「俺」に久々に出会えた気がした。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘