「着床前検査」保険適用、近く審議へ

産経ニュース
厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

流産を防ぐため受精卵の染色体異常を調べる着床前検査について、厚生労働省が、公的医療保険の適用可否を近く議論することが13日、分かった。厚労相の諮問機関「中央社会保険医療協議会(中医協)」で審議し、年内にも結論を出す。ただ障害がある人の差別につながりかねないという倫理面の課題や効果が判然としないという問題もあり、先行きは不透明だ。

検査は、体外受精した受精卵が一定程度成長した段階で細胞の一部を取り出し、通常23対ある染色体の数に過不足がないかを調べる。数に異常があれば、移植しても着床しないか流産となることが多いため、染色体の数が正常なものを選んで子宮に移植する。

この際、ダウン症の原因となる21番染色体が3本あるなどの受精卵は、移植には適さないと判定される。だが、一部は出生に至ることがあり、慎重な実施を求める声は少なくない。

受精卵を1個調べるのに5万~10万円程度かかるとされる。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害