新浜「自分の滑り」で2位 スピードスケートW杯第1戦

産経ニュース
男子500メートルで2位の新浜立也=トマショフマゾウィエツキ(AP=共同)
男子500メートルで2位の新浜立也=トマショフマゾウィエツキ(AP=共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦は12日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで開幕し、男子500メートルで新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒54で2位に入った。

新浜は平昌五輪銅メダリストの高亭宇(中国)に0秒28の大差をつけられたが、上々のタイムで2位は確保。「持っている力を出せるだけ出して、自分の滑りをするしかないと思った。2位になれたことはよかった」と及第点をつけた。

直前、ドイツでの合宿中に風邪をひき練習を2日休んだという。万全でないうえ、約2年ぶりの国際大会。「ちょっと不安というか、久々にスタートラインで足がふわふわする感覚に陥った」。それでも力強く飛び出して100メートルを9秒51で通過すると、持ち味のダイナミックな滑りで地力を示した。(共同)

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは