ひふみん、藤井四冠誕生を祝福「デビュー戦の相手を務めたものとしてひときわ感慨深い」/将棋

サンスポ
藤井聡太三冠=13日午前、山口県宇部市のANAクラウンプラザホテル宇部(代表撮影)
藤井聡太三冠=13日午前、山口県宇部市のANAクラウンプラザホテル宇部(代表撮影)

将棋の藤井聡太三冠=王位・叡王・棋聖=(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦七番勝負第4局の2日目が13日、山口県宇部市で指され、藤井三冠が122手で豊島竜王に勝利し、最年少の19歳3カ月で四冠になった。「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋界のレジェンド、加藤一二三・九段(80)はツイッターで「10代にして達成されました史上最年少四冠の類稀なる藤井聡太さんの偉業に際し心より御慶びを申し上げます」と祝福した。

藤井聡太新竜王のプロデビュー戦(竜王戦6組)では加藤一二三・九段が対局相手を務めた=2016年12月24日
藤井聡太新竜王のプロデビュー戦(竜王戦6組)では加藤一二三・九段が対局相手を務めた=2016年12月24日

ひふみんは「藤井聡太新四冠が棋士としての産声をあげられたのは数ある棋戦の中で竜王戦でした」と自身が対局相手を務めたプロデビュー戦(2016年12月24日、竜王戦6組)に触れ「そのデビュー戦の相手を務めたものとして本日の史上初となります快挙はひときわ感慨深いものがあります」と藤井新竜王の快挙を喜んだ。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘