「台湾情勢緊迫、北京五輪前後が危ない」米軍以外で初、海自が豪軍艦を「武器等防護」 クアッド、来春日本開催で調整

zakzak
共同訓練する海上自衛隊の護衛艦いなづま(奥)と豪海軍のフリゲート艦ワラマンガ(海上自衛隊提供)
共同訓練する海上自衛隊の護衛艦いなづま(奥)と豪海軍のフリゲート艦ワラマンガ(海上自衛隊提供)

海上自衛隊の護衛艦が今週、オーストラリア海軍フリゲート艦と共同訓練を行った際、安全保障関連法に基づく「武器等防護」を実施した。米軍以外を対象とした実施は初めて。来年春には、日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」の首脳会談を日本で開催する方向で調整が進められている。軍事的覇権拡大を進め、台湾への野心を強める中国を牽制(けんせい)する狙いのようだ。

「日本とオーストラリアの部隊間の相互運用性が向上した。両国の防衛協力にとり、極めて重要な進展だ」

防衛省関係者は、こう語った。

海上自衛隊の護衛艦「いなづま」と、オーストラリア海軍のフリゲート艦「ワラマンガ」が10~12日、四国南方の太平洋上で共同訓練をした際、武器等防護が実施された。武器を使用する事態は生じなかった。

武器等防護は平時から他国の艦艇や航空機を守る活動で、2016年の安保法施行で、自衛隊の新たな任務となった。日本はオーストラリアを「準同盟国」と位置付けている。

安全保障環境が厳しくなるなか、日本は日米同盟を外交・安全保障の基軸にしながら、自由主義諸国との協力関係を強化している。

今年9月、クアッドの首脳会談が米ワシントンで開催されたが、日本政府は次回会談を、日本で対面式で開きたいとの意向を参加国に打診した。岸田文雄首相=円内=はこれに先立ち、12月上旬までに訪米し、ジョー・バイデン米大統領との会談に意欲を見せている。

一方、中国共産党の習近平党総書記(国家主席)は11日、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)で40年ぶりの「歴史決議」を採択し、「異例の3期目突入」をほぼ確実にした。

総会コミュニケでは、台湾の独立や外部勢力の干渉に断固反対し、中台関係の主導権を握ったと誇った。

一連の動きをどう見るか。

福井県立大学の島田洋一教授(国際政治)は「(日豪の連携強化や、クアッドの日本開催打診は)いずれも『対中包囲網』構築の一環だ。台湾情勢も緊迫してきた。特に、来年2月の北京冬季五輪の前後が危ない。国際社会は中国を決して楽観視せず、隙を見せてはいけない。クアッドは各国間ではもちろん、4カ国でも合同軍事演習を行うなど、より緊張感を持って警戒・監視を強めるべきだ」と語っている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」