原坂一郎の子育て相談

友達に注意や命令ばかりする息子

産経ニュース
子育て相談(児童
子育て相談(児童

幼稚園に通う5歳の息子は、友達と遊ぶとき、自分のやりたい遊びを強要し、自分が興味のない遊びには見向きもしないことが多く、「それはやっちゃだめ」「これはこうだよ」「君は間違っている」など注意をしまくります。友達が嫌な思いをして遊んでくれなくならないか心配で、実際「もう遊ばない」と言われたことも。息子をやんわり注意し、家でわがままを言ったり悪いことをしたりしたときは厳しめに叱ってはいますが、泣いて謝ってもすぐにけろっとしています。愛想だけはいいので友達も多く、園には楽しく通っていますが、親として子供にどう接していけばいいでしょうか。

友達にそんな態度を取っているにもかかわらず、友達が多いということは、お子さんは、許せるキャラクターを持っているのでしょう。でも今のままでは、確かに小学校に入ったころから、あなたが心配しているようなことが起こらないとも限りません。

注意をしても改まらないのは、現状で不都合が起こっていないからです。自分の行為が自分の損失につながるとわかったとき、子供は行動を改めようとします。「もう遊ばない」と言われたことがあるようですが、そんなときは逆に大チャンスです。ただし「それみろ」と言うのではなく、お子さんのその時の気持ちに共感し、そうなってしまったわけを丁寧に話してやるのです。

悪いことをしたときなどは厳しめに叱っているそうですが、泣くほど叱るのは息子さんには逆効果のような気がします。厳しい口調で叱ると賢い子供はその場を切り抜けることだけを考え、とりあえず「ごめんなさい」だけを言うことがあります。叱られた後、すぐにけろっとするのもそのせいかもしれません。伝わっていないのです。「叱りたくなったときは教えどき」と思い、口調は優しいけれどどこか厳しい、という感じで何度でも繰り返し教えてやってください。

(こどもコンサルタント)

はらさか・いちろう 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演活動を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士でもある。

子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。

<メール>life@sankei.co.jp

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は