切り札は金髪“純朴系”古橋 森保ジャパン、沈滞ムード一新へ オマーン戦に向け現地入り サッカーW杯アジア最終予選

今回も派手な金髪で日本のサッカー選手にありがちな“チャラ男”のイメージもつきそうだが、古橋は違う。オンライン会見でも常に丁寧な言葉遣い。全く嫌みがない。

古橋はゴールを量産できる理由を「感覚で相手が嫌がることがわかるようになった」と明かす。先発待望論は高まるばかりで「監督にはとっても信頼をしていただいている。早く恩返しをさせていただきたい。(最終予選初ゴールまで)もう少しです」と大ブレーク寸前だ。 (編集委員・久保武司)

zakzak