トヨタ、国内生産正常化へ 12月、過去最高水準 部品調達難が改善

産経ニュース
トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)

トヨタ自動車は12日、12月の生産計画を発表し、7カ月ぶりに国内の全14工場28ラインが通常稼働し正常化するとの見通しを示した。東南アジアの新型コロナウイルス流行による部品調達難が改善に向かっていることが背景にある。

12月の世界生産台数は80万台程度になるとの見込みを明らかにした。約76万台だった前年実績を上回り、12月としては過去最高水準。内訳は国内が30万台程度、海外が50万台程度となる。

令和3年度の世界生産見通しは900万台を維持した。トヨタは「今後も部品不足に対するあらゆる対策を図り、車を届けられるように尽力する」としている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿