細野晴臣が2年前の米ライブを振り返り「もうあんなライブはできない」

サンスポ
ライブ・ドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」公開初日舞台挨拶に立つ細野晴臣
ライブ・ドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」公開初日舞台挨拶に立つ細野晴臣

ミュージシャンの細野晴臣(74)が12日、大阪市北区の大阪ステーションシティシネマでライブ・ドキュメンタリー映画「SAYONARA AMERICA」(佐渡岳利監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

映画は、2019年のデビュー50周年記念ドキュメンタリー「NO SMOKING」に米ニューヨーク、ロサンゼルスで同年に開催されたライブ映像と細野の直近トークシーンで構成。

「アメリカで古いアメリカ音楽を演奏すること自体が不安しかなかった。でもステージに出たら歓声をいただいて、ここは大阪かいな、と」と笑わせた細野は、コロナ禍を経験したことで「もうあんなライブはできないだろうな。リセットされて白紙状態になった感覚。これが集大成になるんだろうなとうすうす思っていました」と振り返った。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走