コロナ禍で売れず牛肉廃棄、容疑で卸の元社員書類送検

産経ニュース
京都府警本部=京都市
京都府警本部=京都市

京都府警向日町署は12日、40キロ近くの牛肉を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで、食肉卸会社元社員(29)=京都府長岡京市=を書類送検した。府警によると、元社員は「新型コロナウイルス禍で焼き肉店などの販売先が減った。毎月の販売目標に近づけたく自腹で購入していたが、保管できなくなった」と供述しているという。

書類送検容疑は8月31日夜、同市内の畑に牛肉の塊計38・6キロを捨てたとしている。元社員は「これまでに何回も捨てた」と話しており、付近では他にも畑や農道など4カ所で1~8月、肉の塊が不法投棄されていたという。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は