NY株続落、158ドル安 手掛かり材料乏しく

産経ニュース
ニューヨーク証券取引所(ロイター)
ニューヨーク証券取引所(ロイター)

11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比158・71ドル安の3万5921・23ドルで取引を終えた。米景気の重要指標などの新たな手掛かり材料が乏しかった中で、売りが優勢となった。

娯楽・メディアのウォルト・ディズニーが動画配信サービスの成長鈍化が嫌気されて大幅に下落したことも、投資家心理を冷やした。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、81・57ポイント高の1万5704・28。

個別銘柄では他に、クレジットカードのビザや通信機器のシスコシステムズの下げが目立った。小売りのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスは上げた。(共同)

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走