ロッテが代打・佐藤都の適時打で同点に!右足甲骨折明けのマーティンも好走塁

サンスポ
7回代打ロッテ・佐藤都志也が同点の適時打放つ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
7回代打ロッテ・佐藤都志也が同点の適時打放つ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、オリックス-ロッテ、12日、京セラ)ロッテが1-2の七回2死二塁から代打・佐藤都志也捕手(23)の中前適時打で同点に追いつき、「絶対に負けられない試合なのでくらいついてヒットにすることができて良かったです」と気合をみなぎらせた。

生還した二走・マーティンは先頭打者として中前打で出塁後、続くエチェバリアの左中間への飛球(左飛)でタッチアップし二進していた。2死から佐藤都の一打で一気に生還した。マーティンは9月19日の日本ハム戦での自打球で右足甲を骨折。10月上旬に戦列復帰したが、万全ではない状態でのプレーが続いている。


  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走