藤井三冠の最年少四冠はなるか、大一番は角換わりでスタート/竜王戦第4局

サンスポ
竜王戦第4局は1日目の対局を始めた豊島将之竜王(左)と、挑戦者の藤井聡太三冠=12日、山口県宇部市(日本将棋連盟提供)
竜王戦第4局は1日目の対局を始めた豊島将之竜王(左)と、挑戦者の藤井聡太三冠=12日、山口県宇部市(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦七番勝負の第4局は12日朝、山口県宇部市のANAクラウンプラザホテル宇部で対局が始まった。

対局室には午前8時45分、まず藤井三冠が淡い緑の羽織姿で入室。続いて豊島竜王が現れ、こちらは灰味のある青い色の羽織と、ともにきれいないで立ち。午前9時に1日目の対局が始まると、先手、豊島竜王の初手は▲2六歩。互いに飛車先の歩を付き合ってから、戦型は第3局に続いて角換わりへと進んでいる。

竜王戦第4局の1日目がスタート。竜王獲得での史上最年少四冠誕生なるかが注目される藤井聡太三冠=12日、山口県宇部市(日本将棋連盟提供)
竜王戦第4局の1日目がスタート。竜王獲得での史上最年少四冠誕生なるかが注目される藤井聡太三冠=12日、山口県宇部市(日本将棋連盟提供)

今シリーズは藤井三冠が開幕3連勝。本局で勝利すると竜王獲得となり、19歳3カ月で史上最年少四冠の誕生となる。一方、3連覇を目指す豊島竜王は苦しいカド番に追い込まれているが、前日11日の前夜祭でも「1局でも多く対局をして、シリーズを盛り上げられれば」と口に。まずは先手で1勝を返すことを誓う。竜王戦は2日制で持ち時間各8時間。先に4勝した棋士が、竜王の称号を得る。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに