MF旗手が16日オマーン戦での代表デビューに意欲

サンスポ
日本代表MF旗手怜央
日本代表MF旗手怜央

日本代表MF旗手怜央(23)=川崎=が12日、オンラインで取材に応じ、「試合に出たい。国を背負って戦うことは素晴らしいこと」と16日の敵地・オマーン戦での代表デビューに意欲を見せた。

11日のW杯アジア最終予選・ベトナム戦(〇1-0)ではベンチ外となりスタンドから試合を見守った。「試合の緊張感も違うし、見ている自分も緊張した」。初めてのW杯予選の重圧を外からでも感じたが、試合に出たいという気持ちは、より一層強くなった。

次戦はインサイドハーフのMF守田が累積警告で出場停止。川崎では同じ位置もこなす23歳は「僕が出たら日ごろやっているプレーを出せるような状況を作っていきたい」。練習からアピールしてメンバー入りを勝ち取り、持ち味のゴールに向かっていくプレーでチームに貢献する。


  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…