実録・人間劇場

ニュー・西成編(2) 「適当に名前変えて書いて」と手配師…ワケあり人が集う「寄せ場」 無期懲役となった市橋達也受刑者も

zakzak

寄せ場に入る際、所長のような人間に履歴書のような紙切れを渡され記入するよう命じられたのだが、住所はでっちあげ、そして本名すら書いていない。なぜなら、所長が私を気遣うようにこう言ってきたからである。

「みんなそれぞれワケがあってここに来とるんやから、兄ちゃんも適当に名前変えて書いておけばええからな」

その後、2週間ほどこの寄せ場に滞在したが、途中でやけに「佐藤」や「鈴木」といった名字が多いことに気が付いた。実際のところ私が一緒に働いた男たちは、元ヤクザ、元シャブ中、現シャブ中、殺人や強盗などで刑期を終えた者、といった顔ぶれが非常に多かったのである。そんな男たちと私が向かったのは、兵庫県尼崎市にある「塚口さんさんタウン」。今は彼らのおかげで更地になり、立派なタワーマンションが建設されている。

■國友公司(くにとも・こうじ) ルポライター。1992年生まれ。栃木県出身。筑波大学芸術学群在学中からライターとして活動。著書に、大阪市西成区あいりん地区への潜入を記録した『ルポ西成七十八日間ドヤ街生活』(彩図社)がある。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?