全国&ふくしまお魚まつりメニュー紹介

二大高級魚が夢の競演 「ノドグロとヒラメの常磐もの丼」 11月19日、日比谷公園で開幕

産経ニュース
ノドグロとヒラメの常磐もの丼
ノドグロとヒラメの常磐もの丼

「ノドグロとヒラメの常磐もの丼」(かに船)は、白身のトロと呼ばれる幻の高級魚のノドグロと、白身高級魚の代表格のヒラメを一緒に味わえる夢のようなスペシャルメニュー。親潮と黒潮がぶつかる福島県沖で獲れた魚介は「常磐もの」と呼ばれ、魚種が豊富で、脂の乗りがよく、うま味が濃いのが特徴だ。

皮ぎしに脂がのるノドグロは塩をふって炙(あぶ)りに。ヒラメは白だしに漬けて、うま味をさらに引き立てた。価格は1600円。

国内最大級の魚食イベント「第7回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2021~全国魚市場&魚河岸まつり~」と福島県産の魚介を使った料理を楽しめる「発見!ふくしまお魚まつり」は19~21日に千代田区の日比谷公園で開催。入場予約前売り券は公式ホームページ(https://37sakana.jp/jffes/index.html)から。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走