球界ここだけの話(2502)

ビッグボス新庄は稲葉新GMの野球観をも変えていた

サンスポ
秋季キャンプで練習を見守る日本ハム・稲葉GM(右)と新庄監督
秋季キャンプで練習を見守る日本ハム・稲葉GM(右)と新庄監督

日本球界ではクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが始まっているが、これに匹敵するほどに話題の中心にいるのは、日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志新監督(49)だ。

「顔を変えず、チームを変えていきます」

日本ハムは2016年のリーグ優勝後、この5年間でAクラスに入ったのは3位になった18年だけ。4日に就任会見に臨んだビッグボスは自身の〝整形ネタ〟を盛り込みながら、チーム再建を約束した。

日本ハムの北海道移転初年度となった04年に「これからはメジャーでもない。セ・リーグでもない。パ・リーグです」の名文句とともに米大リーグから日本球界に復帰。奇想天外なパフォーマンスや記憶に残るプレーでファンを魅了した。札幌ドームは「新庄効果」で連日満員となり、06年には日本シリーズを制した。

「僕を変えてくれたのが北海道、ファイターズ、ファイターズのファン。そして新庄さんの影響もありました」

こう言い切っていたのは前日本代表監督で、日本ハムのゼネラルマネジャー(GM)に就任した稲葉篤紀氏(49)だ。稲葉GMは04年オフにヤクルトからフリーエージェントで大リーグ移籍を目指したが実現せず、05年から日本ハムに入団した。33歳になるシーズンだった。

「若いときはとにかく必死。自分に余裕がなかった」。真面目な性格でいつだって一生懸命。そんな稲葉氏が新天地でのグラウンドで衝撃を受けたのが、スタイリッシュにユニホームを着こなす背番号「1」の姿だった。

「試合中、新庄さんがファンに手を振っていたんです。ヤクルトでは絶対にありえない。そうしたら新庄さんに『手ぐらい振ってあげなよ』と言われました」。それまで考えたこともなかった行動だったが、右翼の守備位置から満員のスタンドに思い切って手を振ってみた。

「ファンの笑顔がすごくよく見えたんです。それを見ると気持ちがすごく楽になった。思いつめていたものがあっても、気持ちの切り替えができるようになった。野球をやっていて楽しかったんです」

目の前に広がった〝景色〟に自分が助けられた。2000安打を達成した12年に移籍当初を回顧したときの話だ。そしてこのオフ、「野球を変えた男」と「野球観を変えられた男」がタッグを組み、日本ハムを変えようとしている。

「あっちゃん 時代は誰かが変えれる」(新庄氏のインスタグラムより)。どう変わっていくのか、楽しみでしかない。(湯浅大)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」