テレビ用語の基礎知識

「映え犯罪」 抑止するのも助長するのも“カメラ”

zakzak

ハロウィンの夜に京王線の車内で起きた事件は本当に恐ろしかったですね。バットマンの悪役・ジョーカーの格好で犯行後にたばこを吸う男の映像は、どことなく「俺もジョーカーのようにかわいそうな境遇の男なんだ」と主張しているようでした。絶対に許せないテロ行為をなぜ男がしたのか。

何も失うものがない「無敵の人」が自分を世間に誇示したくなり、「映像に映りたくて」犯行に及んだのだとしたら…、テレビが男に手を貸したことになります。恐ろしいことです。

「映え犯罪」というと不謹慎かもしれませんが、ひょっとしたらこうして「カッコよく映るための犯行」を狙う犯罪者たちがいるのかもしれないということをテレビ関係者は認識しなければならないかもしれません。

数年前に「なぜ中国人ばかりが挟まるのか」という特集を、私が制作するニュース番組でやったことがあります。子供がどこかの隙間に挟まったり、ビルから転落しそうになったり…という危機一髪の映像はなぜか中国に多い。

その理由は? というので専門家たちに取材したら、「中国のテレビ局は国や地方政府が経営しているので、警察や消防の撮影した映像を結構自由に放送できるから」というのが一番の理由ではないかということでした。別に中国人ばかりが危険な目に遭っているのではなくて、中国はそういう映像が放送されやすい国だったと。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走