井上拓真が和気慎吾に判定で完勝も、兄の尚弥と「差はまだまだ大きい」/ボクシング

サンスポ
WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王座を獲得した井上拓真
WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王座を獲得した井上拓真

プロボクシングWBOアジア・パシフィック(AP)・スーパーバンタム級王座決定戦が11日、東京・後楽園ホールで行われた。元WBC世界バンタム級暫定王者で、WBOAPスーパーバンタム級1位の井上拓真(25)=大橋=が元東洋太平洋、日本同級王者で、WBOAP同級3位の和気慎吾(34)=FLARE山上=に3-0の12回判定勝ち。新王者となった。

井上がハンドスピードとディフェンス力で上回り、多彩な攻撃パターンで完勝した。

「勝ててほっとしている。1階級上げての打ち合いでも引かずにやれたので、そこだけは収穫だった」

初めて同級での試合に臨んだ。立ち上がりは左フックの空振りが目立ったが、4回に踏み込んでの右フックでダウンを奪い、その後は終始試合をコントロールした。

WBC世界バンタム級暫定王者だった2019年11月に正規王者に敗れて王座統一に失敗。今年1月の再起戦で、東洋太平洋同級王者の栗原慶太(一力)に3-0の9回負傷判定勝ちした。3月に王座を返上し、1階級上げて2016年7月にIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦を闘った(11回TKO負け)経験を持つ実力者のサウスポーとタイトルを争った。

4回にダウンを奪った後、力んで攻めが雑になり倒しきれないなど課題を残し「ダウンをとってから狙いすぎた。尚(弥)はそこで倒しきる。そういうところの差はまだまだ大きいと痛感した」と会場で応援した兄でWBA、IBF世界バンタム級統一王者の尚弥(28)=大橋=と自分を比較した。

尚弥はWBA8位、IBF6位のアラン・ディパエン(30)=タイ=との防衛戦(12月14日、東京・両国国技館)を控える。尚弥にアドバイスをもらうなどしていた拓真は「良いバトンを渡せたと思うので、ここから1カ月はしっかりサポートについて、兄のためにやっていきたい」とお返しを約束した。

プロ戦績は拓真が16戦15勝(3KO)1敗、和気が36戦27勝(19KO)7敗2分けとなった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは