ロッテ、悔しアドバンテージ含め〝連敗〟 好機作るもあと1本が出ず…7回1失点好投の石川を援護できず

サンスポ
九回、味方の攻撃をベンチで祈るように見つめるロッテナイン。初戦で手痛い零敗を喫した
九回、味方の攻撃をベンチで祈るように見つめるロッテナイン。初戦で手痛い零敗を喫した
1回を終え、ベンチに戻るロッテ先発の石川歩=京セラドーム大阪(撮影・荒木孝雄)
1回を終え、ベンチに戻るロッテ先発の石川歩=京セラドーム大阪(撮影・荒木孝雄)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、オリックス1-0ロッテ、オリックス2勝、10日、神宮)手も足も出なかったわけではない。四回までは毎回安打で、うち3度が先頭打者。ロッテ・井口資仁監督(46)は「(一、四回は)得点圏まではいきましたけど、そこから一本というのがなかなかね。ランナーを置いての見逃し三振はもったいなかった。1球でどうやって仕留めるか、来年以降の課題」と振り返った。

オリックス・山本にはレギュラーシーズンで対戦打率・269。5月19日に最後の黒星を付けたのもロッテで、指揮官が前日に「嫌なイメージは持っていない」と話した通りの序盤の攻撃だった。ただ、一回2死二塁でレアードが、四回2死三塁で山口がカーブに全く反応できず、見逃し三振に倒れたのが響いた。

下克上で日本一まで上り詰めた2005、10年。ファイナルステージ第1戦(05年はプレーオフ第2ステージ)は、ともにソフトバンクのエースで05年は18勝、10年は16勝を挙げていた杉内俊哉(現巨人2軍投手コーチ)を攻略して勝利している。

とはいえ、アドバンテージ1勝と第1戦先発が山本なら、ある意味〝連敗〟スタートも想定内。「また明日、切り替えて」という井口監督の表情には、残り5試合で1敗しかできないという悲壮感より、まだ1敗できるという前向きな雰囲気が漂っていた。(東山貴実)

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走