ロッテ・井口監督「シーズン中もいっぱいあった」 2番手・東妻の交代直後の初球被弾に

サンスポ
選手交代を告げるロッテ・井口資仁監督=京セラドーム大阪(撮影・荒木孝雄)
選手交代を告げるロッテ・井口資仁監督=京セラドーム大阪(撮影・荒木孝雄)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルストステージ第2戦、オリックス2-0ロッテ、オリックス3勝、11日、京セラ)ロッテは2試合連続で零封負け。オリックスのレギュラーシーズン1位のアドバンテージを加えると3敗となり、日本シリーズ進出へ崖っぷちに立たされた。

先発の美馬が立ち上がりが好投を続けていたが、六回2死から吉田正のライナーが右膝付近に直撃するアクシデントに見舞われて降板。緊急登板となった2番手・東妻は続く杉本への初球、甘く入ったスライダーを左越え2ランとされ、これが決勝点となった。

井口監督は美馬について「きょうはよかったですね。今シーズンの中でもほんとによかったと思います。(打球直撃後の続投は)ちょっと厳しかった」と振り返った。

また、交代直後の初球を相手の主砲に痛打された東妻に対しては「(初球の)入りも、シーズン中もああいうこといっぱいありましたんで、ああいうとこが東妻の課題かなと思います」と慎重さに欠けていたと指摘した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病