阪神・矢野監督、スアレスに「気持ち伝えた」〝残留要請〟明かす

サンスポ
帰国の途に就いたスアレス。矢野監督が直接〝残留要請〟していた(球団提供)
帰国の途に就いたスアレス。矢野監督が直接〝残留要請〟していた(球団提供)

阪神・矢野監督は10日、去就が注目されるロベルト・スアレス投手(30)に既に〝残留要請〟していたことを明かした。

「お願いと言うとなんだけど。『スアちゃん頼むぞ』と。俺らの気持ちはこうだからなというのは伝えた」

今季球団外国人最多の42セーブで2年連続で最優秀救援投手のタイトルを獲得した。昨オフに年俸250万ドル(約2億6000万円)の2年契約を結んだが、スアレス側に2年目の選択権があり、11月中に交渉がまとまらなければ自由契約となる。メジャー挑戦を表明すれば、海の向こうで争奪戦になるのは必至だ。

この日、スアレスは「2位で終えたことは悔しいが、良いシーズンだったと思う。(ファンに)私のこともチームのことも応援よろしくお願いします。これからもチーム全員100%でがんばります」とコメントを残して日本を離れた。

「(来年も)いてもらわないと困る」と矢野監督。守護神と来春のキャンプで再会できることを待ち望んでいる。(三木建次)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」