ユーチューブ効果2千億円 20年の日本市場推計

産経ニュース
YouTubeのロゴ(ロイター)
YouTubeのロゴ(ロイター)

米動画投稿サイトのユーチューブは11日、動画を制作する「ユーチューバー」らに広告収入を分配することなどを通じ、2020年に日本で2390億円の経済効果を生んだとの推計結果を発表した。7万5970人のフルタイム雇用を創出したと説明している。

英調査会社オックスフォード・エコノミクスに推計を依頼。経済効果はコンテンツを提供するユーチューバーやメディア企業、音楽業界への支払いのほか、コンテンツ制作に必要な商品やサービスの購入といった間接的な効果や、ユーチューバーの動画以外の収益も含んでいる。内訳は示していない。

同様の手法で各国市場への影響を推計しており、米国では20年に205億ドル(約2兆3千億円)の経済効果を生み、39万4千人の雇用をもたらしたという。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿