藤井聡太は史上最年少四冠なるか 大一番の竜王戦第4局へ「期待に応えられる熱戦を」

サンスポ
竜王戦第4局への歓迎式で、宇部市の篠﨑圭二市長(右)から地元名物の「宇部ラーメン」10食をサプライズで贈られた藤井聡太三冠=11日、山口県宇部市
竜王戦第4局への歓迎式で、宇部市の篠﨑圭二市長(右)から地元名物の「宇部ラーメン」10食をサプライズで贈られた藤井聡太三冠=11日、山口県宇部市

将棋の藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=が3連覇を目指す豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦七番勝負の第4局は、12日午前9時から山口県宇部市で指される。

11日は両対局者が現地入り。地元の市立岬小学校を訪問して子供たちに熱烈な歓迎を受けた後、「ANAクラウンプラザホテル宇部」で対局室を検分。歓迎式に出席した。

ここまで開幕3連勝で最年少四冠へ王手をかけている藤井三冠は、大一番へ向け「期待に応えられる熱戦を」と決意表明。カド番へ追い込まれている豊島竜王も「1局でも多く対局して、シリーズを盛り上げられれば」と反撃を誓った。

歓迎式の檀上では、藤井三冠が濃厚豚骨で知られる地元名物「宇部ラーメン」に興味を見せていたことを知った篠﨑圭二市長が、両雄に各10食をサプライズで贈る一幕も。藤井三冠は「是非食べてみたいです」。豊島竜王も「いただけてうれしい」と表情をやわらげて感謝した。

竜王戦七番勝負は2日制で持ち時間は各8時間。先に4勝を挙げた棋士には「竜王」の称号が与えられる。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  3. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」