オリックスが杉本の2ランで先制 短期決戦でも〝ロッテキラー〟ぶり発揮

サンスポ
6回、2点本塁打を放つオリックス・杉本裕太郎(右)と吉田正尚=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)
6回、2点本塁打を放つオリックス・杉本裕太郎(右)と吉田正尚=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、オリックス-ロッテ、11日、京セラ)オリックスは杉本裕太郎外野手(30)が2ランを放ち2点を先制した。

0-0の六回2死、吉田正が投手強襲の内野安打。右太もも付近に打球の直撃を受けた美馬はそのまま降板となった。2番手を託されたのは右腕の東妻。その1球目を杉本は見逃さなかった。133キロをとらえると、打った瞬間にスタンドインを確信。バットを高々と掲げた後、豪快にほうり投げた。

ベンチ前に戻ってくると、右腕を突き上げて昇天ポーズ。32本塁打でキングに輝いた今季、そのうち13本をロッテから放っていた。短期決戦でも変わらない〝ロッテキラー〟ぶりだ。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  3. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」