オリックス・杉本「何とか打球が上がってくれてよかった」 先制2ランなど猛打賞

サンスポ
オリックス・杉本の六回の先制2ラン=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
オリックス・杉本の六回の先制2ラン=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、オリックス-ロッテ、11日、京セラ)オリックスは杉本裕太郎外野手(30)が六回に2ランを放ち先制した。

「打ったのはスライダーです。何とか打球が上がってくれてよかったですし、先制点になってくれてよかったです!」

杉本は前日の第1戦は3打数無安打に終わったが、この第2戦では二回に中前打、四回に左前打、そして六回に2ランと大暴れ。八回の第4打席は申告敬遠で、全打席で出塁した。

今季は32本塁打で初のキングに輝いたが、そのうち13本をロッテから放っていた。短期決戦でも変わらない〝ロッテキラー〟ぶりで、勝利をグイと引き寄せた。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは