バズる関西トレンド

「阪急阪神」「大丸」古い慣習や意識を変える“脱百貨店”へ新発想サービス

zakzak
大阪・梅田の阪神百貨店(写真)と大丸では古い慣習にとらわれない改革が始まっている
大阪・梅田の阪神百貨店(写真)と大丸では古い慣習にとらわれない改革が始まっている
その他の写真を見る (1/2枚)

コロナ禍で多くの小売店が苦戦するなか、百貨店の販売不振はとりわけ深刻だ。全国主要百貨店の2020年度の売上高は、既存店ベースで前期比25・7%減の4兆2204億円で3期連続の減収。市場規模は1年で1兆5000億円縮小し、赤字百貨店は約8割にのぼった。

低迷はいまに始まったことではない。時代の変化に対応できず、構造不況に陥っていた百貨店業界ではここ数年、撤退や閉店が相次いでいた。そうしたなか、〝脱百貨店〟をめざし、古い慣習や意識を変える取り組みが始まっている。

10月8日、7年間の建て替え工事を終えた阪神梅田本店(大阪市北区)が2期棟をオープン。10フロアのうち4フロアを食品売り場や飲食店などが占め、〝食の阪神〟の強みをより鮮明に打ち出した。

通常、百貨店を象徴する1階フロアにはラグジュアリーブランドや化粧品売り場が入るが、同店の1階にはおやつとパンと体験スペースしかない。「ニッチなスモールマス市場に対して熱量の高い人たちにとっての聖地になりたい」と、阪急阪神百貨店OMO販売推進部ディビジョンマネージャーの鈴木健三氏。

そのために導入したのが、100人の「ナビゲーター」の存在だ。売り場の最前線に立ち、最終的にファンコミュニティーをつくる旗振り役として顧客と友達のような関係性を築く役割を担う。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判