命日に合わせ渋沢栄一像ライトアップ 埼玉・深谷

産経ニュース
ライトアップされた渋沢栄一の銅像に献花する市民ら=11日午後、埼玉県深谷市(深津響撮影)
ライトアップされた渋沢栄一の銅像に献花する市民ら=11日午後、埼玉県深谷市(深津響撮影)

NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公、渋沢栄一(1840~1931年)の命日にあたる11日、出身地の埼玉県深谷市は、同市のJR深谷駅前にある渋沢の銅像をライトアップした。

没後90年に合わせた11日限りのイベント。午後5時過ぎ、染め物の原料を作る農家に生まれた渋沢をイメージした藍色の光に銅像が照らされると、集まった市民らから歓声が起きた。

ライトアップに先立って銅像の前で献花式も行われ、関係者らが遺徳をしのんだ。

深谷市は、今月を「渋沢栄一月間」と定め、大河ドラマのパブリックビューイングや、渋沢ゆかりの複数の自治体による物産展の開催を予定している。市の担当者は「大河ドラマが放送され没後90年の節目でもある今年、ぜひ一度は深谷市を訪れてほしい」とアピールした。(深津響)

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗