「カムカムエヴリバディ」松村北斗“稔さん”に弟・勇が宣戦布告?「勇くん、ダメ~」「稔さん、身を引かないで!」

iza
河川敷で、勇にあることを言われる稔(松村北斗)。(NHK提供)
河川敷で、勇にあることを言われる稔(松村北斗)。(NHK提供)

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の第9話が11日、放送され、SixTONES・松村北斗演じる雉真稔の弟・勇(村上虹郎)が、ヒロイン・橘安子(上白石萌音)への思いを兄に打ち明ける展開に、ネット民が大興奮。「勇くん、ダメ~」「稔さん、身を引かないで!」などの声が殺到した。

同作は昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代の100年間を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描くオリジナル作品。1人目のヒロインは、日本でラジオ放送が始まった1925(大正14)年3月22日、岡山にある和菓子屋「たちばな」で生まれた安子だ。

この日は、安子と一緒に岡山に戻った稔が、安子の両親に交際の許しをもらうため「たちばな」を訪ねるシーンや、勇が心に秘めた思いを兄に打ち明ける様子などが描かれた。

稔は地元の名家・雉真家の跡取りで、現在は大阪の商科大学に通っており、家業である「雉真繊維」の次期社長として父・千吉(段田安則)から大きな期待を掛けられていた。一方、勇は甲子園を目指している野球少年で、兄の稔を尊敬していた。安子とは幼なじみだが、いつも素直になれず、彼女を「あんこ」と呼ぶなど、何かとちょっかいを出してきた。

稔が安子に対する心の思いを安子の両親に伝えた翌朝、昼前の汽車で大阪に戻る予定の稔は勇と、兄弟2人でキャッチボールを楽しんでいた。大阪の大学で勉学にいそしむ稔に勇は「遊びぃ行ったりせんのかな?」と聞くと、稔は「あ~…、たまに映画に行くくれえかな」との“優等生発言”。勇は「ふ~ん、長男いうなあ大変じゃのう。わしゃあ気楽なもんじゃ。な~んも期待されてねえから」と、複雑な思いを口にした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故