大麻栽培目的を隠してアパート契約 暴力団員ら逮捕

産経ニュース
大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

暴力団員であることを隠し、大麻草を栽培する目的でアパートの賃貸契約を結んだとして、大阪府警西成署は11日、詐欺容疑で特定抗争指定暴力団山口組弘道会系組幹部、拝藤(はいとう)政也容疑者(51)=大阪市住之江区=ら男4人を逮捕したと発表した。同署は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は昨年12月ごろ、暴力団員であることを隠した上で大麻草を栽培する目的で堺市堺区にあるアパートの1室を借りたとしている。

同署によると今年7月、このアパートで火災報知機が作動し、駆け付けた消防署員らが栽培されている大麻草を発見した。拝藤容疑者は指示役とみられ、指示を受けて賃貸契約を結んでいた暴力団員の行方も追っている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は