自民党旧竹下派、茂木派に移行へ 会長就任内定

産経ニュース
茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)
茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)

自民党旧竹下派(平成研究会)は11日、先の衆院選後初の定例会合を党本部で開き、茂木敏充幹事長の会長就任を内定した。前会長の竹下亘元総務会長が9月に死去し、会長職は空席になっていた。茂木氏は近く事務総長ら役員体制を固め、茂木派へ移行する。

同派は衆院選の結果、衆院議員31人、参院議員20人の計51人となり、党内第3派閥となった。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走