苦境のパナソニック 物流DX事業は吉と出るのか

産経ニュース

パナソニックが構築したDXのシステム事業は、そういった成功事例に連なることができるのか。

「日本はこれからサプライチェーンのソフトウエアが普及する段階に入る」

パナソニックのシステム事業責任者の樋口泰行専務執行役員はこう話し、システム事業の強化を図る。今年9月には約8600億円を投じてブルーヨンダーを買収した。

ブルーヨンダーはAIによって需要や納期を予測するソフトウエアの開発を手がけており、米ウォルマートやコカ・コーラ、独メルセデス・ベンツ、英ユニリーバなど世界約3300社を顧客に持つ。パナソニックが磨いてきた現場を支援するサービスとサプライチェーン管理のノウハウをつないで、新たなシステムの構築が可能となると見込む。

モノ作りを強みとしてきたパナソニックならではのDXを新たな収益の柱に成長させることができるのか。樋口氏は「ハードウエアだけでは戦えないため、システムのサービスに移行している会社が多いが、パナソニックはハードとソフトの組み合わせを追求する」とも強調している。(桑島浩任)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 突っ込んだ車が宙に…35メートル「吹っ飛んだ」 運転の女性死亡