阪神・梅野、国内FA権の行使「これからなので、しっかり考えていきたい」

サンスポ
阪神・梅野隆太郎
阪神・梅野隆太郎

甲子園で自主練習した阪神・梅野は国内フリーエージェント(FA)権の行使について慎重な姿勢を示した。

「これからなので、しっかり考えていきたい」

今年5月に国内FA権を取得した。宣言期間は日本シリーズが終了した翌日から土日祝を除く7日間以内。その時は刻々と近づいている。

「来シーズンに向けてスタートしているので、しっかり準備してやっていくのも必要。(今年は)けがなくやれたので、体作りも含めて自分の課題を持って取り組んでいきたい」

今季は開幕から正捕手として130試合に出場し、打率・225、3本塁打、33打点。得点圏打率は・321と勝負強い打撃と高い守備力でチームを牽引したが、レギュラーシーズン最後11試合はスタメンを外れた。

今後の動向に注目が集まるが、本人は「自分がやるべきことをやっていこうかなと思う」と冷静。自分自身と見つめ合い、決断の時を待つ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は