東証、一進一退の展開 午前終値は88円46銭安

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

10日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。前日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が下落したことが相場の重荷となり、売り注文が先行したが、その後は買い戻しの動きもあった。

午前終値は前日終値比88円46銭安の2万9197円00銭。東証株価指数(TOPIX)は4・25ポイント安の2014・52。

前日のダウ平均は、インフレ加速への懸念から3営業日ぶりに反落した。10日の東京市場もこの流れを引き継ぎ、朝方には平均株価の下げ幅が一時100円を超えた。その後、割安な銘柄を買い戻す動きも出て、上昇に転じる場面があった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」