遠藤憲一・勝地涼らがザ・ドリフターズに 山田裕貴主演「志村けんとドリフの大爆笑物語」キャスト発表

iza

コントシーンの撮影について、遠藤は「当時、ご本人たちがアドリブでやっていたことを台本に起こして、それを自分たちが演じることはなかなかない難しい経験だった」と説明。勝地は「(志村さんと加藤さんの関係性を築く上で)山田君となるべく一緒に過ごして、その時間を大事にしようと心がけた」と振り返り、撮影現場で山田とコントシーンの練習も頻繁に行ったと明かした。

今回のキャスティングについて、フジテレビ編成部の安永英樹さんは、「遠藤憲一さんの立ち居振る舞い、強面(こわもて)だけどどこか憎めないその顔つき。いかりや長介さんを演じていただくには遠藤さんしかいないと思い、お願いしました。実際の撮影現場でも、在りし日のいかりやさんの姿に重なって見えることが何度かありました」と強調。加藤については「軽妙なセリフ回しと、フットワークの軽さ、そして時折見せる芯のある表情。その役を演じるのには幅広い演技力が問われるのですが、いろいろな役を常に器用にこなされる勝地涼さんでしたらと思いました」と話した。

また、高木と仲本についても「高木ブーさんは、不思議な雰囲気と魅力を持つ方ですが、個性的なお芝居を得意とする加治将樹さんならと、そして、仲本工事さんのマイぺースなところを松本岳さんならしっかりと表現してくださるだろうと思い、それぞれお願いしました」と述べ、「皆さんが演じるドリフメンバーが繰り広げる抱腹絶倒のやり取りとコントを楽しみにしていただければと思います」とPRした。

同作の脚本・演出を担当したのはドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や、実写映画「銀魂」シリーズで知られる福田雄一氏。なお、撮影はすでに終了している。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表