中日・大野雄が現状維持3億円でサイン 来季防御率タイトルは柳と「2人で競争」

サンスポ
契約更改交渉を終え、会見に臨む中日・大野雄大投手 (撮影・須藤佳裕)
契約更改交渉を終え、会見に臨む中日・大野雄大投手 (撮影・須藤佳裕)

中日・大野雄大投手(33)が契約更改交渉に臨み、現状維持の3億円でサインした。

「1年間、先発ローテーションを守ったことだけはよかったと思いますが、昨季よりはすべての数字が落ちているので(球団には)『頑張ります』と言いました。もっともっとできたな、と思います」

昨年にフリーエージェント権を取得するも宣言せずに残留。新たに結んだ3年契約の初年度は22試合に登板し、7勝11敗、防御率2・95で、日本代表として東京五輪に出場するなど例年とは異なる調整が求められた中で、先発の一角として奮闘した。

最終盤の10月上旬に上肢のコンディション不良で2軍降格してシーズンを終えたが、現在はキャッチボールも行えており、状態は良化。立浪新監督から「まだまだやってもらわなあかん」と声をかけられて参加する今秋のキャンプで充実した練習を行っている。

3年連続の受賞を目指した最優秀防御率のタイトルは同僚の柳(2・20)の手に渡り「埋められる差ではなかった」と苦笑い。ただ、後輩の受賞を素直に喜び「来年はチーム内での競争ができればすごくいいことだと思うし、柳も2年連続、3年連続と目指していくと思う。2人で競争しながらいい数字を挙げられれば」と火花を散らした。

また、来季の開幕投手については「無理して投げることはないと思いますけど、立浪監督も相当、気合が入られていると思う。東京ドームで巨人との初戦なので。そこで投げるかはわからないですが、3月25日に100%の状態に持っていけるようにするのは間違いない」と心身両面で準備を進めていくつもりだ。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…