秋田で鳥インフル、今季初 14万羽超の殺処分開始

産経ニュース

秋田県は10日、横手市の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザが確認されたと発表し、採卵鶏14万3千羽の殺処分を始めた。9日の簡易検査で陽性反応があり、遺伝子検査でも陽性が確認された。全国の養鶏場で今季初の鳥インフル発生。政府は関係閣僚会議を首相官邸で開催した。

県は、この養鶏場の半径10キロ以内にある養鶏場からの鶏や卵などの搬出を制限。自衛隊に災害派遣要請をした。

岸田文雄首相は10日未明、現地の情報収集や、農林水産省など関係各省が連携して徹底した防疫措置を迅速に進めるよう指示。官邸は危機管理センターに情報連絡室を設置した。関係閣僚会議には、松野博一官房長官や金子原二郎農相らが出席。松野氏は今後、他の地域でも発生する恐れがあると指摘した上で「政府一丸となり、感染拡大防止のために緊張感を持って万全の対応を取っていきたい」と述べた。

秋田県によると、9日午前に養鶏場の獣医師から死んでいる鶏が増えていると県の家畜保健衛生所に連絡があった。鶏13羽を簡易検査した結果、12羽が陽性だった。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…