辺野古移設工事を再開 防衛省、軽石で一時中断

産経ニュース
沖縄県名護市辺野古の沿岸部=2020年12月
沖縄県名護市辺野古の沿岸部=2020年12月

岸信夫防衛相は10日の記者会見で、沖縄県各地への漂着が続いている軽石の影響により中断していた米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を、同日から再開したと明らかにした。作業への支障が少ないと判断したためとしている。軽石を撤去するかどうかについては「政府内の検討状況を踏まえて適時適切に判断する」と述べた。

防衛省沖縄防衛局によると、辺野古に面した大浦湾で軽石の流入が確認され、8日から土砂の搬入やサンゴ移植の作業を中断した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病