がん10年後生存率58・9%、治療薬進化で改善続く

産経ニュース
がん患者の10年後生存率は58・9%に上昇した
がん患者の10年後生存率は58・9%に上昇した

国立がん研究センターは10日、平成17~20年にがんと診断された人の10年後の生存率は、さまざまな部位のがん全体で58・9%との集計結果を発表した。前回集計の16~19年より0・6ポイント上昇した。

調査を担当した群馬県衛生環境研究所の猿木信裕所長は「診断法や治療薬の進化で、手術と薬の組み合わせなど、標準治療が広がってきたことが貢献しているのではないか」と話した。

10年生存率の発表は7回目。全国のがんセンターなど32施設で診断、治療を受けた約12万件のデータを集計した。

部位別で生存率が高いのは前立腺がん(99・2%)、乳がん(87・5%)、甲状腺がん(86・8%)など。反対に低いのは膵臓(すいぞう)がん(6・6%)、肝がん(17・6%)、胆のう・胆管がん(19・8%)だった。23~25年に診断された人の5年後の生存率は、がん全体で68・9%だった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は