無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

ポストセブン
取材に応じる木下都議 無免許運転で当て逃げをしたが、辞職は否定(写真/共同通信社)
取材に応じる木下都議 無免許運転で当て逃げをしたが、辞職は否定(写真/共同通信社)

今年7月、東京都議選の期間中に無免許運転で当て逃げ事故を起こしながらも公表しないまま再選した木下富美子都議(55)が、11月9日、再選後初めて登庁し、約4か月ぶりに公の場に姿を現した。

木下都議は、「深く深く反省しております。今後二度とこのようなことを繰り返すことがないよう免許の再取得はせず、車等の運転はいたしません。事故時の車もすでに処分しております」と謝罪し、報道陣に向かって深く頭を下げた。辞職勧告決議を受けたことを「大変重く受け止めている」としつつも、「失われた信頼を回復することは大変厳しい道程であることを覚悟しております。ひとつひとつ、これからの議員活動の中で答えを導き出させていただければ」と議員辞職はしない方針を示した。

「よく寝られない日々が続いたり、食べ物を口に通らない日があったり、イライラや不安に苛まれた」と心身の不調も告白した木下都議。長期欠席中の議員報酬は「受け取るべきでない」と自身の考えを述べた。しかし、報酬の返納は公職選挙法で禁止されているため、NPO法人などの団体に寄付したことを報告した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」