MISIAさん、浅田美代子さん 保護犬譲渡会

産経ニュース
植樹した子供たちと、浅田美代子さん(左から4人目)、MISIAさん(同5人目)
植樹した子供たちと、浅田美代子さん(左から4人目)、MISIAさん(同5人目)

コロナ禍で犬や猫などペットが人気を集める一方で、飼育放棄も問題となっている。そんななか、飼い主を失うなどした保護犬と新たな飼い主候補を引き合わせる「HELLO LOVE DOGS 保護犬里親会」が3日、複合商業施設「有明ガーデン」(東京都江東区)内で催された。

著名人とともに社会貢献活動を行う一般財団法人「mudef(ミューデフ)」が、保護犬の支援活動をする4団体と、同所を運営する住友不動産の協力を得て実施。ミューデフのアンバサダーには歌手のMISIA(ミーシャ)さん、女優の浅田美代子さんらが名を連ねており、当日同ガーデン内の会場でライブを催すMISIAさんが、友人でもある浅田さんと開催に向けて動き、実現した。

参加した保護犬は約50匹。広々とした芝生に犬たちが自由に動ける囲いが複数設けられ、新たな飼い主を志望する人や通りがかりの家族連れなど約2000人が、「かわいい」などと声をかけながら犬と触れ合い、担当者らが語る飼育放棄の現状などに耳を傾けた。この日は50人の飼い主候補が名乗りをあげた。

自らも保護犬3匹と暮らし、1日2回散歩に連れていくという浅田さんは、「コロナ禍でなかなか譲渡会ができなかった。幸せをつかめる子がいっぱいいれば。ペットショップに行く前にこういうかわいい子たちが家族を待っているのでよろしくお願いします」と話した。

また夕方には森の保全活動にも取り組むMISIAさんの縁で、シンボルツリーとなるモミの木の植樹が子供たちの手で行われた。ライトアップされた木を眺めながら、MISIAさんは「みんなの心の中の木も育てながら、また(この木を)見に来てもらえたら」と語った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性