日本ハム・新庄ビッグボス「デブじゃね?」 清宮に“やせろ”指令、悩めるスター候補に辛口アドバイス

サンスポ
清宮(奥)の脇腹の肉をつまむ新庄監督。ダイエット指令を出した(撮影・斎藤浩一)
清宮(奥)の脇腹の肉をつまむ新庄監督。ダイエット指令を出した(撮影・斎藤浩一)
その他の写真を見る (1/8枚)

2つの〝鬼指令〟で覚醒だ!! 日本ハム・新庄剛志監督(49)が9日、沖縄・国頭村での秋季キャンプを視察し、清宮幸太郎内野手(22)にマンツーマンで初指導した。4年目で初の1軍出場なしに終わった清宮に減量指令と股関節の柔軟性アップを提案。台頭が待たれる〝スター候補〟にビッグボスから愛のムチだ。

にこやかな会話の中に、厳しい指令が飛んでいた。ビッグボスから清宮へ―。守備練習に向かう清宮にグータッチで歩み寄ると、身ぶり手ぶりを交え熱心にアドバイスを送った。終盤には22歳のおなかをつまむ場面も。指揮官はそのあらましを新庄節で明かした。

「『ちょっとデブじゃね? やせない?』って。今はちょっとキレがない気がする。『やせた方がモテるよ、かっこいいよ』と。もしやせて飛距離とかが下がったら、めちゃめちゃ食って戻せばいいだけ。とりあえずトライしてみようと」

マンツーマンでじっくり会話をするのはこの日が初。184センチ、103キロ(入団時は102キロ)の清宮が遠征先から帰る新幹線で牛タン弁当を7個たいらげたエピソードを聞きつけると「できたら3個くらいに…。太っていることは人間的にだらしないイメージがある。スタイルを保っている人は、自分に負けない気持ちを持っている」と説明した。

指令は減量だけではない。2日間の練習視察で股関節の硬さに気づくとさっそく本人にヒアリング。ビートたけしの「コマネチ」の動作で注意を促した。「本人に聞いたら合っていると。じゃあ股関節をやわらかくすることを考えて。春までにぐにゃぐにゃになっていたらびっくりするよね。いやもう褒めるよ」。自身がトライアウトに挑戦したときも、股関節の柔軟性を高めるのに苦労したという。難しいことは分かっているからこそ取り組む価値がある。

悔しいシーズンを過ごした清宮にとっても、この上ない発奮材料になった。2018年にドラフト1位で入団も、プロ4年目にして今季初の1軍出場なしに終わった。何かを変えないと変われないという指揮官のメッセージも「それが4年やってきた結果。間違いないと思います」と身に染みて分かっている。2つの指令に、どんな姿で応えるのか―。「答えは春のキャンプでというところかなと思います」とうなずいた清宮。5年目の飛躍へ、ビッグボスの言葉を胸に必死に汗を流す。(箭内桃子)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は