熊田曜子、DV裁判第2回公判 涙、涙の徹底ガード証言 暴行罪問われた夫と法廷対決

サンスポ
法廷で衝立越しに夫と〝直接対決〟した熊田。暴力を受けた様子を生々しく語った
法廷で衝立越しに夫と〝直接対決〟した熊田。暴力を受けた様子を生々しく語った

タレント、熊田曜子(39)を殴ったとして暴行罪に問われた会社経営者の夫(38)の第2回公判が9日、東京地裁で開かれ、熊田が検察側の証人として出廷した。被告の夫や傍聴人から見えないように衝立が設置された状態で入廷。暴行を受けた際は「脳が揺れるぐらいの痛みを感じました」と生々しく証言し、何度も涙声になる場面も。また、夫側が疑う浮気疑惑は否定した。

「ぶっ殺すぞ!」

「痛い、痛い!」

法廷内に、男性の怒声と何かをたたく音、そして女性の悲鳴が響く。熊田が暴行された際に録音していた音声だ。

夫婦の〝直接対決〟となった第2回公判は、検察側が証拠で提出した音声データの再生から開始。その後の証人尋問で熊田が法廷に入った。

弁護人の隣に座ったスーツ姿の夫と傍聴人に姿が見えないように衝立を設置してから入廷し、暴行を受けた経緯や状況を涙ながらに訴えた。

起訴状によると、被告は5月18日深夜0時18分頃、東京・港区内の自宅で熊田の顔面を右の平手で1回殴るなど暴行を加えた。前日17日に熊田がママ友から子供を預かってほしいと依頼を受けたことから、夫が断るように要求して事件に発展した。夫は先月の初公判で「暴力は一切ない」と無罪を主張している。

熊田は事件当夜を振り返り、最初は「右足のすねを小突く感じでキックしてきた」と明かし、「このままだとまた殴られる」と思い、携帯電話で録音したと説明。その後、平手で殴られ、「脳が揺れるぐらいの痛みを感じた」と証言した。

録音理由について「5年前に夫から暴力をふるわれて警察に相談した際に、密室での出来事は録音しておいてくださいとアドバイスを受けた」と涙声に。被害届の提出には「私さえ我慢すればいいと思っていたのですが、このままだと子供たちから母親もいなくなるし、父親も逮捕されていなくなってしまうと思い、警察にお願いしようと」と泣きながら説明。その際、メモを取っていた夫の手が止まった。

反対尋問では、被告の弁護人から熊田の浮気疑惑への質問もあった。ママ友からの依頼の前に、夫から「18日午前に話がしたい」と連絡があり、熊田も承諾していたという。話の内容は「明確に聞いていない」としたが、4月に夫から浮気を疑われたといい、「私が他の男性に会っていると気にしていたので、その続きかと思った」と説明。熊田が警察の聴取で「夫が浮気を疑っていたと思うけど、一切していません」と話していたことが明かされると、法廷でも「(4月に)話し合ってその場で納得してもらっていました」と断言。弁護人から「思いあたることは?」と問われると「ありません」と即答した。

その話し合い後は「私が作ったご飯も食べてくれるようになった」とし、事件までの1カ月間が「理想の夫婦関係でした」と声を震わせた。

17日の次回公判では被告人質問が行われる。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…