中国、米議員団の訪台に「断固反対」 軍は「戦備パトロール」

産経ニュース
蔡英文総統(中央通信社=共同)
蔡英文総統(中央通信社=共同)

【北京=三塚聖平】中国で台湾政策を主管する国務院(政府)台湾事務弁公室の朱鳳蓮(しゅ・ほうれん)報道官は10日の記者会見で、米議員団が米軍機で台湾を訪問したことに対し、「『台湾独立』の勢力に誤ったシグナルを発するな。さもなくば、台湾海峡の平和と安定にさらなる損害をもたらすだけだ」と述べ、「断固とした反対」を表明した。

中国軍も9日に、台湾海峡に向けた「戦闘準備の警戒パトロール」を行ったと発表。習近平政権は、バイデン米政権が台湾への支援姿勢を強めていることに強く反発している。

朱氏は「中国人民の国家主権と領土を守り抜く強固な決心と、強大な能力を過小評価するな」と強調。台湾の蔡英文政権に対し「米国を頼りにして独立を画策することは失敗を定められている」と主張した。

また、中国人民解放軍で台湾方面を管轄する東部戦区の報道官は9日、台湾海峡方面で同日に「合同戦備警戒パトロールを行い、複数の兵種や軍種の統合作戦能力をさらに検証し、向上させた」と表明。「関係国の台湾問題における深刻で誤った言行と、『台湾独立』の分裂勢力の活動」に対する措置だと強調した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」