V逸虎 こんなん出~タ

阪神、同点登板救援陣踏ん張れず 防御率5・02…接戦、引き分けに持ち込めず

サンスポ
【V逸虎 こんなん出~タ】 SANSPO 20211110
【V逸虎 こんなん出~タ】 SANSPO 20211110
その他の写真を見る (1/4枚)

阪神はどのようにして6月まで最大7ゲーム差をつけていたヤクルトに16年ぶりの優勝をさらわれたのか。数字やデータで全4回にわたって検証する緊急短期連載「V逸虎 こんなん出(デ)ータ」。第2回はビハインドで登板した救援投手が失点を重ね、終盤の接戦や引き分けに持ち込めなかった誤算を振り返る。

阪神の逆転勝ち、引き分けの数が少なくなっていったのは、不振を極めた野手陣だけが原因ではなかった。今季のチーム防御率は中日に次ぐリーグ2位の3・30。ヤクルトの3・48をしのいだ。先発投手の防御率ではリーグ1位の3・04で、ヤクルトの3・63を圧倒した。大きなダメージとなっていったのは、救援防御率3・83だった。

ヤクルトは3・25。両軍ともに強固な勝ちパターンを誇ったはずだったが、ここまで数字が開いたのは、同点やビハインドで登板した救援投手の違いだった。

同点のマウンドに送り出された救援投手の防御率はヤクルトの3・87に対し、阪神は5・02と目を覆うような数字になった。先発が六、七回に同点で降板すると、今季は馬場、斎藤、及川、藤浪らがその後を受けることが多かった。だが、6月23日の中日戦(バンテリンドーム)では2-2の七回に藤浪が0回⅔を2安打3四球で4失点。8月31日の中日戦(甲子園)では及川が5-5の七回に1回を5安打3失点と乱れた。踏ん張れば自身に白星がつく局面。だからこそ指揮官も期待の男らにマウンドを託したが、同点で出ていった阪神の救援投手は9勝10敗15ホールドと負け越した。

ビハインド時に登板した投手の防御率を見てもヤクルトは3・64で、阪神は4・52。僅差の3点差以内のビハインドでは4・73とさらに悪化した。2005年優勝に同じような場面で奮投したSHE(桟原、橋本、江草)のように〝下支え〟をしてほしい面々が、最後まで安定しなかった。

ヤクルトの18試合の引き分けは、追いつかれた引き分けが12試合を占めており、逃げ切る力なら圧倒的に阪神が上だった。だが逆に、中盤まで同点かビハインドならヤクルトの勝率が高い。

ヤクルトは「勝ちを引き分けにしてしまう」試合も多かったが、阪神は「負けを負けのままにしてしまう」試合がかさみ、最終的に勝率5厘差でのV逸につなげた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿