ベラルーシ、EUに難民使った「ハイブリッド攻撃」 緊張高まるポーランド国境

産経ニュース
旧ソ連圏ベラルーシからEUを目指す2千人以上の移民や難民が押し寄せ、緊張が高まっている=8日、ポーランド東部の国境地帯(AP)
旧ソ連圏ベラルーシからEUを目指す2千人以上の移民や難民が押し寄せ、緊張が高まっている=8日、ポーランド東部の国境地帯(AP)

旧ソ連圏ベラルーシから、欧州連合(EU)を目指す2千人以上の移民や難民がポーランド東部の国境地帯に押し寄せ、緊張が高まっている。フォンデアライエン欧州委員長は8日、「ベラルーシがEUに圧力をかけるため、移民を道具にしている」と非難。EUへの「ハイブリッド攻撃」だとみなし、対ベラルーシ制裁を強化する構えを示した。

ポーランド政府は、ベラルーシが査証を発給して移民を自国に誘導し、故意にEU側に送り込んでいると主張。国境地帯に、軍兵士1万2千人を派遣して警戒にあたっている。ポーランド国防省が公開した動画によると、移民の一部はペンチで鉄条網を破って不法越境を試み、兵士が催涙スプレーで撃退する場面もあった。移民は、イラクやアフガニスタン出身者が中心とみられている。

ポーランドに隣接するリトアニアは9日、ベラルーシからの移民流入を警戒し、ベラルーシ国境地帯に非常事態の導入を決めたと発表した。

ベラルーシ政府は「合法的な措置」として、ポーランドやEUに反論。イタル・タス通信によると、ロシアのラブロフ外相は「EUや北大西洋条約機構(NATO)の中東介入こそ、移民危機の原因だ」と述べ、ベラルーシを擁護した。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、国境地帯で立ち往生する難民への人道支援の必要性を訴えている。

EUとベラルーシは今夏、EUによる制裁発動を機に関係が急速に悪化した。これに伴って、ポーランドやリトアニアでは、中東などからの移民がベラルーシ経由で不法越境するケースが急増している。

EUの対ベラルーシ制裁は、ベラルーシが上空を通過した欧州の旅客機を強制着陸させ、政権に批判的なジャーナリストを拘束した事件がきっかけになった。(パリ 三井美奈)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿